デリケートゾーンの黒ずみに市販でおすすめ商品の効果とランキング

女性とデリケートゾーンの黒ずみ悩みは切っても切れない縁かもしれません。今まさにデリケートゾーンの黒ずみをキレイにしたい方も、キレイになったあとの状態を維持したい方も、デリケートゾーンの黒ずみに市販のアイテムを選ぶなら正しい選び方を知っておきましょう。

デリケートゾーンの黒ずみに市販のクリームを選ぶコツ

デリケートゾーンの黒ずみに市販クリームで効果があるのは、実際にケアをした女性だからこそ分かることかもしれません。デリケートゾーンのひだの黒ずみは施術を受けなくても自宅ケアできる時代になりました。

ビキニラインの黒ずみもドラッグストアなどの店頭やネットショップのようにネットで販売している市販のアイテムでケアできるのです。

このとき知っておきたいのは、どうやって選んだらいいのか、そのコツでしょう。まずは成分表を確認してください。成分表の中にデリケートゾーンの黒ずみをキレイにする美白成分が含まれているかどうか、そのほか塗った後にベタベタしないテクスチャーかどうか、最後に値段も確認しましょう。高額だと買い続けるのが難しくなるので、お財布と相談しながらどのぐらいまでの値段ならOKかどうか購入前にチェックすることをおすすめします。

デリケートゾーンの黒ずみに市販のアイテムを選ぶなら美白成分は見逃せない

足の付け根の黒ずみにクリームを市販で買うなら、必ずチェックしたいのが成分表です。特に市販の商品は手ごろに買えるので、つい値段だけに着目しがちですが有効成分がデリケートゾーンの黒ずみに作用しなければ毎日のケアが台無しです。

特に見逃せないのは美白成分です。商品によって含まれている美白成分に違いがあるものの、厚生労働省が認可したトラネキサム酸、アルブチン、ビタミンC誘導体、プラセンタエキス、このうちのどれかが美白成分として配合されているものを選ぶといいでしょう。

これらはすべてデリケートゾーンのような皮膚の薄い場所に安全に使える成分ですので、毎日のケアにうってつけと言えます。

デリケートゾーンの黒ずみに市販を選ぶならテクスチャーも確認すべき

いくらデリケートゾーンの黒ずみに市販のおすすめ商品があったとしても、テクスチャーがベタベタしていたら毎日のケアが億劫になるでしょう。クリームを塗ったあと下着を身に着けるたびにベタベタと下着が張り付いたのでは気持ちが悪すぎます。また、蒸れも気になるでしょう。

そのため、デリケートゾーンの黒ずみに市販のクリームを選ぶなら、伸びのいいテクスチャーをおすすめします。ジェルのように扱いやすいタイプもありますし、クリームでありながら塗ったあとはさらっとしているタイプもあります。ケア後の不快感が毎日のケアを邪魔しないよう、テクスチャーにもこだわりを持つことをおすすめします。

デリケートゾーンの黒ずみに市販でおすすめのクリーム 選

市販のランキングを見るとどんなサイトでも必ずランクインしているデリケートゾーンの黒ずみのクリームをご紹介します。

一つ目はイビサクリームです。スキンケアに関心の高い女性なら名前は知っているという方もいるのではないでしょうか。医薬部外品なので成分の働きはお墨付きです。ちなみに含まれている成分はトラネキサム酸、グリチルリチン酸2K、油溶性甘草エキス、BGなどです。

次にイビサセラムProをご紹介します。有効成分としてビタミンC誘導体、アルブチン、タイムエキス、ヒアルロン酸、グリチルリチン酸2Kが配合されています。透明感のあるブルーの容器が清潔感漂っていて、毎日のお手入れが楽しくなります。テクスチャーは伸びがいいのでお手入れ後の不快感もありません。

最後にハーバルラビットをご紹介します。プラセンタ、ビタミンC誘導体、コラーゲン、グリチルリチン酸2Kが含まれています。可愛らしいウサギのイラストが目印で、こちらもテクスチャーはベタベタしません。

ちなみに薬局やドラッグストアで売られているニベアやケシミンがデリケートゾーンの黒ずみに良いという噂がありますが、ニベアもケシミンもデリケートゾーンの黒ずみ用のアイテムではありません。肌トラブルを招く恐れがありますのでデリケートゾーンの黒ずみのケアにおすすめできません。